パチンコ・パチスロ特集

基礎編 実践編 応用編 「パチスロ必勝ガイド」必勝ガイドへ
『パチンコ必勝ガイド』必勝ガイド【基礎編】まずは読み方を覚えよう!
現在のパチンコの基本的なゲーム性知っておきたいパチンコ用語ボーダーラインって?
現在のパチンコの基本的なゲーム性 初心者でも楽しめるデジパチが主流
現状、ホールに設置されている台の9割以上は『デジパチ』というジャンル。
玉がスタートチャッカー(デジタル始動口)に入るとデジタルが回転し、様々な演出を経て大当りする…という台です。
釘を読む要素が少なく、基本的には特別なテクニックも必要ないため、初心者の方でも気軽に楽しむことができます。

まずは基本仕様からチェック
CRデジパチには、確率変動…略して『確変』という機能があります。
「確変」とは、大当りする確率が10倍近くアップして、次回の大当りを簡単に引くことができる状態をのことを言います。現在のCRデジパチの概ねすべての台に確変機能がついていますので、一度確変大当りを引くと連続して大当りを引くチャンスが生じます。短時間で大当りを重ねることも可能なので、一攫千金の夢が膨らみます。

基本仕様表(例)
大当り確率と確変突入率は台によって異なります。『パチンコ必勝ガイド』では、機種紹介ページにある基本仕様欄に記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

基本仕様の読み方や基本的な用語については、本誌の「きそちしき」という初心者向けのコーナーに記載していますので、初心者の方はまず、このページをご覧いただくのがよろしいと思います。

大当りを基準に呼称を変化
大当りの種類は、確変大当りと通常大当り以外に、アタッカー(大当りした時に解放するゲート)が開放する回数が異なるものもあり、大当りの内訳を確認することができます。
この基本仕様を知らないと、勝てる台を探すことはできませんので、必ずチェックするようにしてくださいね。
とは言え、すべての機種を見て確認するのは難しいので、『パチンコ必勝ガイド』ではデジパチを大当り確率によって区分けしています。

タイプ別の特徴

羽根デジの方が大当りしやすい分、獲得できる玉数(出玉)が少数。マックスタイプは確変突入率も高めで1回の大当りで連チャンしやすい分、初当り(確変状態ではない時の大当り=通常時の大当り)しにくくなっています。

2011年以降はライトミドルが主流に
CRびっくりぱちんこ
銭形平次WithチームZ
CRびっくりぱちんこ銭形平次WithチームZ
2010年まではミドルタイプが主流でしたが、2011年の春に『CRびっくりぱちんこ銭形平次WithチームZ』(京楽)が登場し、人気を博したことでファンからの市民権を獲得しライトミドルタイプのシェアが高くなりました。

初当り確率が1/200代の台はそれまで主流だったミドルタイプに比べて大当り確率が高く、なおかつ確変での連チャンも期待できます。遊びやすい上に一撃大量獲得の夢もあるというバランスの良さが好評なので、今後は他メーカーも同様の機種を多く発表していくことが予想されます。

©Byakuya-Shobo
※2011年10月18日現在の情報です

前へ前のページへ 次へ次のページへ
基礎編 実践編 応用編 「パチスロ必勝ガイド」必勝ガイドへ

このページの先頭へ