OCNパチンコ > パチンコ・パチスロ特集 > パチンコ&パチスロ突撃取材 パチンコメーカーSANYO様編

パチンコ・パチスロ特集

インタビュートップ

CONTENTS



1.驚きと歓びを提供する会社です。

三洋は、1955(昭和30)年にモナミ商会という名でパチンコ台の製造販売業を開始しました。その後、パチンコホール様のセキュリティシステムの開発も行うようになり、基本的にはパチンコに関わるものを作ることが事業領域になっています。
三洋と名前を変えたのは、1968(昭和43)年に株式会社三洋物産と社名を変更してからで、現在は製造部門を三洋物産、営業・販売部門を三洋販売が行っています。

創業以来、社内のもの作りのコンセプトとしてあるのは「驚きの歓びを提供する」という事です。パチンコ店という非日常的な空間において、日常から離れてはっとする驚きや歓びの瞬間を味わって頂きたい。このような理念があり、これまで機種開発を行ってきました。

ユニークなCMの発想はどこから?
ギンパラのCMに関しては、知名度のある機種が復活するということで、その言葉・語感をアピールすることを前提に、メジャーな台だからこそ有名なタレントさんに演じてもらおうと考えて作りました。
弊社のCMは、ただ機種のイメージ映像を流すだけでは面白くないだろうと、その都度、コンセプトを考えています。ホームページでの動画配信も同じですけれど、あくまでパチンコメーカーはエンターテイメントの会社ですから、楽しみながら情報を得られるよう、コンテンツを工夫しています。いまはインターネットで機種情報を知るという方がかなり多いですから。


CONTENTS

←前のページへ1234567次のページへ→

このページの先頭へ