OCN競馬 > 競馬入門 > 競馬用語集

競馬入門

競馬用語集

マイラー[まいらー]

一般に、1600メートルから2000メートルまでの中距離を得意とする馬。スピードとスタミナを兼ね備えている馬であることが多い。

前がき[まえがき]

馬が前肢で地面をかく仕草のこと。落ち着きがなかったり、エサをねだる時に前がきしやすい。

前検量[まえけんりょう]

出走前に行う検量。競走馬が定められた正しい重量を負担しているかどうかを検量する。

巻き腹[まきばら]

腹構えが寂しくなっている状態。「腹が巻き上がる」とも言う。

まくり[まくり]

道中、後方を進んでいた馬が一気に進出し、4コーナーなどで先頭の馬に並びかけること。

マル外[まるがい]

外国産馬の俗称。

マルタンガール[まるたんがーる]

引き返し

マル地[まるち]

地方競馬出身馬の俗称。

マル父[まるちち]

父内国産馬の俗称。

万馬券[まんばけん]

オッズが100倍以上の馬券。100円が1万円になるので万馬券と言う。


▲ページトップへ

未出走[みしゅっそう]

まだ一度もレースに出走したことがない馬。

未勝利[みしょうり]

まだ一度もレースで勝ったことがない馬。ただし、重賞競走で2着になった馬は該当しない。

見せムチ[みせむち]

馬を叩かずにムチを見せるだけのこと。ムチは叩かずに馬に見せただけでも、同様の効果を期待できる場合がある。

道悪[みちわる]

馬場状態を指す言葉。4つの馬場状態のうち、「重」と「不良」が該当する。馬場の荒れ具合によっては「稍重」も含められることがある。

見習騎手[みならいきしゅ]

デビューして3年以内で、通算勝利数が100勝に満たない騎手の総称。騎乗する際、1〜3キロの斤量減の恩恵を受けることができるので「減量騎手」とも言う。

耳ねじ[みみねじ]

馬の矯正器具の一種。ゲート入りを嫌がる馬の耳に輪をかけて捻じる。鼻ねじと同じで苦痛はない。気をそらしたり、刺激を与えることでおとなしくさせることができる。


▲ページトップへ

向正面

▲中山競馬場の向正面

向正面[むこうしょうめん]

スタンドの反対方向にある直線。「バックストレッチ」とも言う。

ムラ駆け[むらがけ]

好走と凡走を繰り返すなど成績が安定しないこと。ムラ駆けの馬はいつ好走するかわからないので、競馬ファンにとっては頭痛のタネでもある。


▲ページトップへ

メンコ

メンコ[めんこ]

「覆面」「マスク」とも呼ばれる。馬の耳を覆うものやブリンカーのついているものがある。馬は敏感な動物なので、音や視界を遮断し、レースに集中させるために用いられる。


▲ページトップへ

もたれる[もたれる]

レースや調教で斜行すること。内側の場合は「ささる」、外側の場合は「ふくれる」とも言う。また、ラチや併走馬などの対象物にもたれかかる時にも使う。

持ち込み馬[もちこみば]

外国で種付けされた繁殖牝馬を輸入し、日本で生まれた馬を指す。

持ちタイム[もちたいむ]

それぞれの馬が、ある距離で記録した自己最高タイム。

持ち乗り[もちのり]

厩務員と調教助手の仕事を兼用している調教厩務員。

持ったまま[もったまま]

騎手が追うこともなく馬が楽に走っている状態。手綱をしごかずに「持ったまま」からつけられた言葉で、通常、勝った馬に対して使われる。「4コーナーを過ぎても持ったままだった」などと言う。

物見[ものみ]

何かに気をとられて集中力がなくなること。自分や他馬の影、芝生の切れ目やカラスなどに気をとられることがある。

もまれる[もまれる]

レース中、馬群の中に入ってしまい、思うように走れない状態。

もらい[もらい]

減量騎手を起用することにより、通常よりも負担重量が軽くなること。「3キロもらい」のように使われる。また、ハンデ戦で予想より軽い重量になった時にも使われる。

モンキー乗り[もんきーのり]

を短くして前傾姿勢で乗る騎乗フォーム。日本では大正時代からあった技法だが、保田隆芳氏(元調教師)が騎手時代に渡米した際、修得し、帰国後広まって一般化した。現在では、大半の騎手がこのスタイルをとる。


このページの先頭へ