OCN競馬 > 競馬入門 > 競馬用語集

競馬入門

競馬用語集
再騎乗[さいきじょう]

落馬した騎手が再度騎乗してレースを続けること。ただし、落馬地点まで引き返し、人の手を借りずに騎乗しなければならない。

笹針[ささばり]

ハリ治療の際に用いられる「三稜針」の俗称。笹の形に似ているので笹針と呼ばれている。悪い血を抜き、疲労を取り除くために肩や腰などに刺して使う。

ささる[ささる]

馬が内側へ斜行すること。「もたれる」とも言う。

差し[さし]

馬の脚質の一種。道中は先行馬群を射程圏内に入れて進み、直線で速い脚を使って前の馬を交わしていく。首尾よく捉えた時は「差し切る(切った)」と言う。

挫跖[ざせき]

蹄の中にできる内出血。蹄を何かにぶつけたり、硬いものを踏んだりした時に起こりやすい。

サドル[さどる]

鞍(くら)

三冠馬[さんかんば]

3歳5大レースのうち牡牝混合GIである「皐月賞」「日本ダービー(東京優駿)」「菊花賞」の3レースをすべて勝った馬を指す。2007年までにセントライト、シンザン、シンボリルドルフ、ミスターシービー、ナリタブライアン、ディープインパクトの6頭が出現している。ちなみに「桜花賞」「オークス(優駿牝馬)」「秋華賞(秋華賞創設前はエリザベス女王杯)」の3レースは牝馬三冠と言い、2007年までにはメジロラモーヌとスティルインラブが達成している。

三大始祖[さんだいしそ]

サラブレッドの源流と言われる系統。「ダーレー・アラビアン」「ゴドルフィン・アラビアン」「バイアリー・ターク」の3系統がそれに当たる。ちなみに、現在のサラブレッドの99%はダーレー・アラビアン系に属する。

3分3厘[さんぶさんりん]

ゴールから3ハロン標識(600メートル手前)の地点を呼ぶ俗称。正確には1分=1マイル(1609.3メートル)の1/8=201.2メートルなので、3分3厘=663.7メートルとなる。

3連複[さんれんぷく]

1〜3着までの馬すべてを着順に関係なく当てる馬券。例えば、「1着=10番、2着=2番、3着=6番」ならば「2-6-10」の馬券が的中となる。馬連よりも組合せの数が多く当てるのが難しいため、高配当になりやすい。


▲ページトップへ

仕上がり[しあがり]

レース前の馬の総合的な状態を指す言葉。おもに、馬体を絞ってきた時に「仕上がりがいい」などと使われる。

JRA[じぇいあーるえー]

日本中央競馬会=Japan Racing Associationの略称。

仕掛ける[しかける]

レース終盤に、騎手が勝負どころと判断して馬を追い出すこと。また、調教で気合をつける場合にも使われる。

自在[じざい]

馬の脚質の一種。レースの状況によって前へ行ったり後方で待機したりと、どこからでもレースを進めることができる。一般に器用な馬が得意な戦法。

下乗り[したのり]

まだ騎手免許を取得していない騎手候補生。調教では赤色帽をかぶる。

下見所[したみじょ]

パドック

絞る[しぼる]

太目の馬を飼い葉の調節や調教などで、理想的な馬体重にしていくこと。あまり馬体をいじめすぎるとガレてしまうので、理想的に絞るのは調教師の腕の見せどころでもある。

終いの脚[しまいのあし]

ゴール前の馬の脚色。「末脚」とも言う。きっちり勝った場合に「終いの脚がしっかりしていた」などのように使われる。

遮眼革(帯)[しゃがんかく(たい)]

ブリンカー

斜行[しゃこう]

レースで馬が内または外へ斜めに走ること。他馬の進路を妨害しやすく、降着や失格の原因となる。ちなみに障害レースで同様の走り方は「斜飛」と言う。

写真判定 シャドーロール
写真判定[しゃしんはんてい]

ゴールに複数の馬が同時に入ってきて、肉眼で着順が判断できない場合に用いられる判定方法。何倍にも拡大したスリット写真で判定し、着順が決定される。

シャドーロール[しゃどーろーる]

鼻の上につけて下が見えないようにする馬の矯正具の一種。自分の影や芝の切れ目など、ちょっとしたことにも驚く馬や頭の高い馬、走る気をなくす馬などに付けられる。代表的な装着馬は1994年の三冠馬ナリタブライアン。

15-15[じゅうごじゅうご]

1ハロンを15秒平均のスピードで走らせる時に用いられる言葉。「14-14」「13-13」という形でも使われる。

収得賞金[しゅうとくしょうきん]

重賞レースならば1着馬と2着馬、そのほかのレースならば1着馬にのみ加算される賞金。これにより競走馬のクラス分けが行われる。


競走条件 算入額
新馬・未勝利競走1着 400万円
500万以下競走1着(一般・特別ともに共通) 500万円
1000万以下競走1着(一般・特別ともに共通) 600万円
1600万以下競走1着(一般・特別ともに共通) 900万円
オープン競走競走1着、重賞競走1・2着 本賞金の半額(10万円未満切り捨て)


出走停止[しゅっそうていし]

タイムオーバーなどレースに支障をきたした馬を、一定期間出走を禁止すること。

出走取消[しゅっそうとりけし]

出走登録をしていた馬が、急病や事故などにより、レースの前日または当日に出走を取り消すこと。

出馬登録[しゅつばとうろく]

競走馬をレースに出走させるために行う手続き。一般登録と特別登録の2種類がある。特別レースに出走したい時は、まず一般登録、さらに特別登録もしなければならない。

条件レース[じょうけんれーす]

出走するために、ある条件が設けられているレース。この条件は馬の年齢と賞金によって区分けされ、2歳500万円以下、3歳1000万円以下、3歳以上1600万円以下などのレースを指す。ちなみに、条件があっても未勝利戦は条件レースとは呼ばない。

勝負鉄[しょうぶてつ]

レースに臨む際、馬に履かせる競走用の蹄鉄。ふだんは鉄製の蹄鉄だが、レースの時は軽くて薄いアルミニウム合金製のものを履く。

勝負服
勝負服[しょうぶふく]

レースで騎手が着用する服。色や柄は馬主別に登録されている。1枚の服に使用できる色は4色の組合せまで、また柄は身体の部分と袖にそれぞれ1つと定められている。布地の制限は特にない。

ジリ脚[じりあし]

決め手がなく、速い脚を使えない馬の脚質を指す言葉。ジリジリとしか伸びないことからつけられた。一般に、ジリ脚の馬は勝ちみに遅い。

白毛[しろげ]

馬の毛色の一種。全身に真っ白な毛が生えている。毛色に関する突然変異とも言われる。

白旗
白旗[しろはた]

スタート時に、ゲートから200メートル内の走路に立って係員が振る旗。公正な発走でないと認められた時には、旗を左右に振って騎手にスタートのやり直しを知らせる。

新馬戦[しんばせん]

2歳時に、その馬が初めて出走するレース。以前は一度新馬戦で負けても、同じ開催であれば再度出走することができたが、現在は1回のみに限定された。また、新馬戦は時期が限られており、デビューが遅れると新馬戦に間に合わなくなり、その場合は未出走戦、未勝利戦からスタートすることになる。

心房細動[しんぼうさいどう]

心臓発作の一種。レース中に起こる場合が多い。原因不明で治療法も特にないが、一過性のもので再発もあまりない。


▲ページトップへ

末脚[すえあし]

最後の直線での馬の脚色を指す言葉。ゴール前で伸びると「末脚が切れる」、思うように伸びないと「末脚が甘い」などと言う。

ステイヤー[すていやー]

一般に、2200メートル以上の長い距離を得意とする馬。ステイヤーはスピードよりもスタミナに優れ、人間で言えばマラソンランナーに当たる。

ステークス
ステークス[すてーくす]

本来は、馬主同士が賞金を出し合うレースを指す。現在は、主催者の日本中央競馬会が本賞金のすべてを出しており、登録料を付加賞として1着から3着まで7:2:1の割合で配分する形で残っている。

ズブい[ずぶい]

馬が積極的に走る気を起こさない状態。騎手が手綱をしごいたり、ムチを入れたりしないとレースの流れに乗れない馬は「ズブい馬」と言われる。

スプリンター[すぷりんたー]

一般に、1600メートル未満の短い距離を得意とする馬。人間で言えば100メートルなどの短距離走者に当たる。もっとも、短い距離とはいえ一般的に馬が全速力で走れる距離は400メートルと言われ、たとえ1000メートルの直線競馬でも競走馬は最初から最後まで全力で走っているわけではない。


▲ページトップへ

ゼッケン ゼッケン
ゼッケン[ぜっけん]

の下につけられる馬名と番号の掛かれている布。番号=馬番号と、その馬が入るゲートの番号は同じ。レースの格に応じて色が決まっていて、日本ダービーを除く3歳クラシックレースは青地に黄文字、その他のGIは青地に白文字、GIIは赤地に白文字、GIIIは緑地に白文字、重賞以外の特別レースは黒字に白文字、上記以外のレースと日本ダービーは白地に黒文字となっている。

攻め馬[せめうま]

追い切り、調教のこと。調教でよく走る馬を「攻めがけする馬」と呼ぶことがある。

背割れ[せわれ]

馬体が絞りきれず、背中にムダな肉がついている状態。

先行[せんこう]

馬の脚質の一種。道中は常に先頭から2、3番手あたりに位置し、そのまま直線で抜け出す。追い込みや差しが不発に終わったり、逃げ馬がバテて大敗するのとは対照的に、比較的着順が安定しやすい。ただし、決め手がないと勝ちきれずに終わることも多い。

前日追い[ぜんじつおい]

レースの前日に、最終調整を目的に行われる追い切り。ほとんどが気合い付け程度に軽く追い切られるが、馬体が太目の時は強く追い切られることもある。

疝痛[せんつう]

馬の腹痛。疝痛には急性胃拡張、急性腸カタル、便秘疝、腸捻転などがある。

騙馬[せんば]

去勢された馬の呼び方。興奮しやすい気性の荒い馬は、去勢することによって落ち着かせレースに集中させることができる。ただし、去勢してしまうとクラシックレースや天皇賞などに出走できなくなる。

喘鳴症[ぜんめいしょう]

喉頭口がせまくなり、呼吸をするたびに「ヒューヒュー」とか「ゼイゼイ」と音を出す病気。「喉鳴り」とも言われる。レース時は全力疾走の際に多量の空気を呼吸するため、この症状を持つ馬は呼吸困難に陥りやすい。


▲ページトップへ

走行妨害[そうこうぼうがい]

急な斜行などで、他の馬の走行を妨害する行為。ほとんどその馬の走り方に原因があり、まれに騎手の乗り方が原因となることもある。走行妨害と認められた時は、審議のランプがついて知らせるようになっている。

ソエ[そえ]

管骨瘤の俗称。前足のスネに炎症を起こす病気で骨膜炎の一種。若い馬に起こり、年を経ると出なくなる。

外枠発走[そとわくはっそう]

ゲート入りが悪い、ゲート内で暴れるなど、他馬に影響を与えるような状態の馬が、通常の一番外のさらに外側のゲートに入れられて発走すること。本来、その馬が入るべきゲートは空のまま発走が行われる。

染め分け帽[そめわけぼう]

同枠に同じ馬主(勝負服)の馬が入った時、ゼッケン以外に区別しやすいように騎手がかぶるヘルメット。通常は、その枠色に白を加えた帽子をかぶり、1枠=白枠の時は水色を併用する。

ソラを使う[そらをつかう]

走る気がフッとなくなる状態。「空とぼける」からつけられた言葉。直線で先頭に立ち、1頭だけになった時に起こりやすい。


このページの先頭へ