OCN競馬 > 競馬入門 > 競馬用語集

競馬入門

競馬用語集

アウトブリード[あうとぶりーど]

異系交配。比較的、血縁関係の薄い馬同士の交配を指す。反対に血縁関係の近い近親の馬同士の交配をインブリードと呼ぶが、どこを境にするかの明確な基準はない。

青鹿毛[あおかげ]

馬の毛色の一種。 全身がほとんど黒色。眼や鼻の周りなど一部がやや褐色を帯びている。

青毛[あおげ]

馬の毛色の一種。全身が黒色。

青ランプ

赤旗

赤ランプ

上りタイム

青ランプ[あおらんぷ]

レース中に失格や降着などの可能性があるインターフェアがあった場合、「審」の文字とともに点灯するランプ。着順を示す電光掲示板に点灯する。なお、審議の結果、馬券対象となる部分で失格・降着が発生し着順が変更になった場合は、上半分が赤、下半分が青のランプが点灯する。

アオる[あおる]

発走の直前またはゲートが開いた瞬間に馬がゲート内で立ち上がったり前肢を上げた格好で発走すること。出遅れの大きな原因となる。

赤旗[あかはた]

発走時刻の約1分前に、レースの開始を知らせるために振られる旗。発走委員がスタート台に上がって振る。

赤ランプ[あからんぷ]

レースの着順が確定した時に点灯するランプ。着順掲示板に「確」の文字とともに点灯する。

上り馬[あがりうま]

調子が上がってきている馬を指す。条件戦を連勝して一気にオープンに昇りつめ、重賞に挑戦する馬などに対してよく使われる。

上りタイム[あがりたいむ]

ゴール前3ハロン(600メートル)、4ハロン(800メートル)に要した時間。このタイムがよければ末脚が切れることを示している。ただし、比較する場合はレース展開によって左右されるので注意が必要。また、芝とダートではもともとかかるタイムが違う。

上がる[あがる]

牝馬が繁殖馬として牧場に帰っていくこと。また、地方(公営)で走っていた馬が中央競馬に出走してくる場合には「中央に上がる」と言う。

脚色[あしいろ]

レースや調教で走っている時の馬の走りっぷり。余力がまだ十分ある場合は「脚色がいい」、逆にもう手応えがなくなりスピードが出なくなってきている場合を「脚色が悪い」と言う。

芦毛

芦毛[あしげ]

馬の毛色の一種。馬体全体に白い毛が生えている。若いときは濃い灰色が交じっているが、年とともに全身の毛が白くなっていく。

足抜き[あしぬき]

馬場状態を表す言葉。走りやすい馬場を「足抜きがいい」、対して足を取られて思うように走れない馬場を「足抜きが悪い」と言う。ダートなどでは、雨が降って水が浮くぐらいの馬場になると足抜きがよくなる。

汗取り[あせとり]

汗を出して脂肪を取るために馬体を覆う、通気性の悪い毛布やビニールなどのこと。太目が解消しない馬は、汗取りをつけて調教を行うこともある。

後検量[あとけんりょう]

レース後、騎手が決められた負担重量で騎乗していたかどうかを調べるために行う検量。前検量に比べて0.4kg以上の増減があった場合は失格となることがある。

穴馬[あなうま]

人気がなくオッズの高い馬を指す。そういう馬が1〜3着に入り高配当になった時は「穴が出た」と言う。また、人気薄と思われていた馬が予想外に人気になっている場合、「穴人気」と言うことがある。

穴党[あなとう]

低配当の馬券には目もくれず、高配当の馬券を追いつづける人たちのこと。ちなみに、人気馬が1〜3着に入ったからといって必ず低配当になるわけではないので、人気馬を外し続けるのは買い方としてはあまりよくない。

穴場[あなば]

馬券を売る窓口。現在は「馬券売場」と呼ぶ人が多い。

鐙

[あぶみ]

の付属品の一部。ここに騎手が足を入れ、騎乗姿勢を安定させている。

併せ馬[あわせうま]

一緒に馬を走らせて行う調教の一種。闘争心を育て、馬群の恐怖心を緩和するのに効果的と言われる。

鞍上[あんじょう]

馬に乗っている騎手を指す言葉。 馬の「鞍」の「上」に乗っていることが言葉の所以。


▲ページトップへ

息を入れる[いきをいれる]

最後の直線で伸びるために途中でペースを落とすこと。 息が入らなかった馬は、最後の直線で思うように伸びきれずに終わることが多い。

一完歩[いちかんぽ]

馬の歩幅。 スタートがよかった場合に対して、「最初の一完歩がよかった」などと使われる。

行った行った[いったいった]

前に行った2頭がそのまま1・2着した場合、「行った行ったのレース」と呼ぶ。逃げ馬は人気薄のことが多く、行った行ったで決まったレースは高配当になりやすい。

一杯に追う[いっぱいにおう]

手綱をしごき、全力で走らせること。 レースでも調教でも使われる言葉。

一杯になる[いっぱいになる]

馬の脚色が衰え、もう伸びなくなったときに使われる言葉。「4コーナー過ぎでもう一杯だった」などと使われる。

イレこむ

イレこむ[いれこむ]

極度の興奮や緊張で馬が落ち着かない状態。体中から汗を出していたり、首を激しく上下に振っていたり、厩務員を手こずらせているような馬はイレこんでいると判断できる。そういう馬は、その馬本来の力を出し切れないことが多いので、パドックを周回中に見かけたら馬券から外すのが得策。ただし、イレこんでいた馬が必ず凡走するわけではないので注意。

イン[いん]

インコースの略。 最後の直線で内側を走ると「インをつく」と言われる。

インブリード[いんぶりーど]

近親交配。競走馬は能力を高めるため、基本的に血縁関係の近いインブリードをもとに作られてきた。


▲ページトップへ

ウイナーズサークル

内馬場

▲美浦トレセンの内馬場

ウッドチップコース

▲美浦トレセンのウッドチップ

ウイナーズサークル[ういなーずさーくる]

優勝馬の表彰や記念撮影などを行う区画。

ウインズ[ういんず]

中央競馬の場外馬券売り場。

内馬場[うちばば]

練習用の馬場。本馬場の内側に設けられていることが多い。東京競馬場や中山競馬場ではダートコースの内側にある。通常、砂のコースになっており調教で使われる。

ウッドチップコース[うっどちっぷこーす]

針葉樹の木屑を砂の上に敷きつめた馬場。馬の脚にかかる負担が少ないので調教でよく使われる。

馬ごみ[うまごみ]

複数の馬が密集している状態。馬は繊細な動物なので、レース中、馬ごみの中でもまれると神経をすり減らしてしまい力を出しきれなくなることがある。逆に、興奮している馬は、わざと馬ごみに入れると落ち着く場合もある。

馬単[うまたん]

正式には「馬番連勝単式馬券」。1・2着の馬を着順通りに当てる馬券。単純に考えれば馬連の2倍の配当となるが、人気の高い方が1着の場合は2倍までいかないことが多い。逆に人気の低い方が1着の場合は、ほぼ2倍以上となる。

馬ッ気[うまっけ]

牡馬が性的に興奮して、性器を勃起させている状態。パドックの周回中に、前に牝馬が歩いていると馬ッ気を出す場合がある。

馬ナリ[うまなり]

騎手が追わないで馬が気のままに走っている状態。調教の時によく使われる。またレース中でも、騎手が全く追わないで勝った場合、「馬ナリで勝った」と言われる。そういう馬は能力が高い場合が多い。

馬主[うまぬし]

競走馬を所有している個人または団体。

馬連[うまれん]

正式には「馬番連勝複式馬券」。1・2着の馬の組合せを着順に関係なく当てる馬券。8頭以下の頭数立てのレースの時には発売されない。拡大馬連であるワイドに対して「普通馬連」とも言う。

裏開催[うらかいさい]

中央場(東京、中山、阪神、京都)で開催されている時に同時に行われるローカル開催(福島、新潟、中京、小倉)を指す。

上積み[うわづみ]

馬の成長または良化を指す言葉。前のレースよりも力が出せると見られる場合、「上積みがある」と言う。


▲ページトップへ

エビハラ[えびはら]

屈腱炎(くっけんえん)


▲ページトップへ

追い切り

横断幕

オーバーシード

▲阪神競馬場・芝コース

追い切り[おいきり]

レースの直前の週に行われる実戦に近い調教。一般的に長いもので1600メートルまでで、通常、1200メートルで最後の3ハロン(600m)を重点に追い切られる。おもに水曜日か木曜日に行われる。

追い込み[おいこみ]

馬の脚質の一種。最後の直線を向くまでは馬群の後方に待機して力を溜め、直線に入った時に一気にスパートする。直線の長いコースの方が決まりやすい。

横断幕[おうだんまく]

パドックに張られる馬や騎手を応援する幕。競馬場の専用受付で許可をもらうことで張り出せる。

オーナーブリーダー[おーなーぶりーだー]

馬の生産者であり馬主でもある人。

オーバーシードおーばーしーど

野芝の上に洋芝の種をまいたもの。1991年の阪神競馬場から開始された。

オープン競走[おーぷんきょうそう]

特に決められた条件のない限り、すべての馬が出走できるレース。ただし、能力の差が大きすぎる馬同士では走る前から勝敗は歴然としているので、下位条件の馬は出走できないような条件づけがなされていることが多い。

抑える[おさえる]

馬が行きたがるのを、手綱を絞ってセーブすること。レースでは、最初から全力で走ると最後までもたないので、抑えることができるかどうかが騎手の腕にかかっている。

オッズ

オッズ[おっず]

馬券の払い戻し倍率。例えば、オッズが「12.4」ならば的中した場合、「賭けた金額の12.4倍」の払い戻しを受けられることを示す。投票された金額によって刻々と変化し、人気が高いほどオッズは低くなる。複勝とワイドのオッズは入着馬の組合せによって払い戻しが変わるため、幅のある倍率となる。

お手馬[おてうま]

いつも同じ騎手が乗っている馬。つねに乗っていれば、その馬のクセや性格をよく知ることができる。

[おも]

馬場状態を表す言葉の1つ。「不良」まではいかないが、馬場が悪くなっている状態。

折り合い[おりあい]

馬と騎手の呼吸を示す言葉。呼吸が合っている状態を「折り合いがいい」、逆に騎手が抑えようとしているのに馬が行きたがっているような状態を「折り合いが悪い」「折り合いを欠く」と言う。


このページの先頭へ