OCN競馬 > 競馬入門 > 競馬初体験レポート

競馬入門

競馬初体験レポート〜競馬場へ行ってみよう!〜

初めての競馬場

競馬場がこんなにキレイな場所だったなんて!

本サイト担当者のデスクから一番近い競馬未経験者、という理由から、今回のレポートを担当することになりました。最初のうちは戸惑いしかなかったのですが、下調べを進めていくうちに、何だかワクワクしている自分に気が付いたり…。

いよいよ東京競馬場にやってきました。京王線を利用して、その名のとおり競馬場の最寄り駅である府中競馬正門前駅に到着。競馬場のスタンドに直結する専用通路を奥へと進んでいき、入場券(200円)を購入します。さながらテーマパークのエントランスのような感じです。カップルや家族連れのほかに、「競馬教室」のワッペンをつけたお客さんの姿も。私と同じ初心者なのかな?

正直言うと当初は、競馬場って雑然としていて怖い場所なのかなあ、なんて思っていました。ところがそんなことは全然なく、ビックリするほどキレイ! ヨーロッパ調の雰囲気が漂う造りで、思っていた以上にオシャレなスポットです。

競馬場に直結する専用通路

改札を抜けると、競馬場の正門まで一直線!

競馬場に直結する専用通路

JR南武線・府中本町駅からは西門へ直結。


インフォメーション

何か困ったときはインフォメーションへ。

指定席券販売所

フジビュースタンド3Fで指定席を購入。

指定席が快適!

まずは情報を集めようと、インフォメーションで「東京競馬場ガイドマップ」と「KEIBA CATALOG」という冊子をゲット。「KEIBA CATALOG」は、JRAのTV CMに出演中の佐藤浩市さん、大泉洋さん、小池徹平さん、蒼井優さん──いわゆる“CLUB KEIBA”の面々が表紙の競馬初心者向けガイドブックで、4人のインタビューから始まり(ファンの方は必読でしょう!)、競馬新聞の見方や馬券の買い方などが丁寧に紹介されています。また、巻末には騎手名鑑もあり、思わずイケメンをチェックしてみたり。テンション上がってきました!

また、1日ゆっくり競馬を楽しむなら指定席があったほうがいい、ということで、フジビュースタンドのC指定席を購入。実はこの日、お天気が少々悪かったのですが、指定席なら雨に濡れることもなく、コース全体が見渡せて何だか優雅な気分。「こんなところで競馬見られるんだ〜!」──CMの蒼井優さんと同じ気持ちです。緑の芝と大きなターフビジョンに感動です!

C指定席

小さなモニタが設置されている、2人がけの指定席。

ターフビジョン

指定席からの眺め。ターフビジョンの奥(向正面)まで見えます。


解説

指定席について

東京競馬場では、西側のフジビュースタンドと東側のメモリアルスタンドにそれぞれ指定席エリアが設けられている。メモリアルスタンドのS指定席(3000円)は、ガラス張りの屋内で快適に観戦することが可能。一方、フジビュースタンドの指定席は全席屋外のため、1000円〜2000円とリーズナブルな値段設定になっている。また、65歳以上の方が対象のシニア席(無料)や車椅子のスペースも設置。指定席は当日、専用窓口で購入できるが、大レースがある日は開門早々売り切れになってしまうこともある。JRAカード(クレジットカード)を持っていれば、事前に電話予約することが可能だ。

フジビュースタンド

メモリアルスタンド


両スタンドには無料の一般席もある(左の写真=フジビュースタンド、右の写真=メモリアルスタンド)。大レースがある日は指定席同様、早い時間で埋まってしまうだろう。

解説

←前のページへ1234567次のページへ→

このページの先頭へ